忍者ブログ
仲良し?
「ゆずちゃん」をお迎えしたのはいいのですが、すでに5歳を超える「はなちゃん」とまだ人間でいえば幼児とも言える「ゆずちゃん」を同じケージで飼うのは酷なので、つい1ヶ月ほど前までは別々のケージで飼っていました。
そもそも「ゆずちゃん」はうちに来てからすぐに半月ほど体調を崩してしまいましたので私の部屋を30℃をキープして、その中でしか飼えなかったこともあり(オカメちゃんは体調不良の時は最低30℃で保温する必要があります)、リビングや鳥さん部屋にいる「はなちゃん」とは会わせる機会がありませんでした。それに、どうも「ゆずちゃん」は臆病な性格らしく、攻撃的な「はなちゃん」と対面させるのは「ゆずちゃん」がもうちょっと成長してからのほうがよさそう…と、家族で話し合い、夏頃までは会わせることもありませんでした。夏頃になり、そろそろ慣れさせた方がよさそう…と頃合いを見計らって、ケージはべつなものの、昼間は鳥さん部屋で1メートルくらい離して置いておくとだんだんと慣れてきました。が、「ゆずちゃん」は飛ぶのが…ぶっちゃけ下手っぴなので私の部屋でしか放鳥出来ず…。私に近寄ってこないので、放鳥終了時にはエアコンの上に避難している「ゆずちゃん」をお迎えに行きクッションの上に誘導させてケージに入れる…という苦肉の策を取っておりました。ちなみに「はなちゃん」の放鳥は天井の高いリビングで悠々自適に飛び回り、「おばあちゃん(私の母)」に甘えまくり、「じいちゃん(私の父)」に一応、という感じで挨拶に行き…のそりゃあもう楽しそうなことといったら…。
そんな放鳥が一変したのが母が寝込んでから。母は人の3倍くらい体調を崩しやすいんですが、2月ほど前に2週間ほど寝込みました。それで、いつもリビングで放鳥している「はなちゃん」を私の部屋で放鳥し、「ゆずちゃん」も私の部屋で一緒に放鳥してみたら私に甘えてくる「はなちゃん」を見て、「ゆずちゃん」もおずおずながらそばに来るようになりました。何日か様子を見て、これなら同じケージに入れても大丈夫そう…と判断し、「はなちゃん」のケージに「ゆずちゃん」も入れてみたら初めは双方、戸惑っていたものの、3日としないうちに慣れ、いまではすっかり仲良しさんです。放鳥も2羽ともリビングでさせられるようになり、とっても楽になりました。
意外だったのが、「ゆずちゃん」が「おばあちゃん」の周りを占領しても、「おばあちゃん子」の「はなちゃん」が特に怒りもせずにあっさりと譲って、かわりに私のところに来るようになったこと。そして延々と「なでて」とせがむ…。はなちゃん、手がだるいです…。
「おばあちゃん」のところはあっさりと譲るのに、私が「はなちゃん」を撫でているところに「ゆずちゃん」が来ると怒って追い返すんですよ。撫でられるのがどんだけ気持ちいいんだ。「はなちゃん」よ…。
PR

PREV ENTRY ← MAIN →NEXT ENTRY
COMMENTS





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 


SEARCH THIS SITE
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
日下
性別:
女性
自己紹介:
メルアド
hinanahana●ヤフー.co.jp
(●→@に、ヤフー→yahooに変更)
ブログ内検索
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]