忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


セカンド・オピニオン
今、お世話になっている獣医さんの方向性がどうも私には理解できないのでこれまでの経緯を説明した上で他の獣医さんに連れて行きました。人間で言えばセカンド・オピニオンですね。

これまでお世話になっていた獣医さんは、簡単に説明すると、そうですねえ。人間に置き換えますと、「子供は冬でも裸足で外で遊べ!」という感じの先生でした。…が、それは理想論ではありますけど、体の弱い子も、いつもは元気でもたまたま弱っている子もいるわけですよ。そういう子たちは肺炎になって死んじゃいますよ。

んで、今日、行ってみた獣医さんによると、どうも心臓と腎臓が弱い可能性が高い、のだそうです。呼吸器の症状も菌による感染からではなく、心臓と腎臓から来ている可能性も考えられると…。すぐに餌を腎臓の弱い子用の餌に変えて、飲み水には症状を緩和させる薬を投与。これで少しは楽になってくれればいいのですが…。

前の獣医さんは「この子の生命力次第ですから」って、それで終わりでした。
そんなの百も承知だよ!それでも長く生きて欲しいんだよ!まだ3歳なんだよ!15年以上生きるのが普通なのに!

普通のオカメのようには長生きはできない体かもしれないけど、それも寿命なんだろうな。悲しいけど、今、いっぱい可愛がって、いつかお別れのときには幸せだったって思ってくれればいいな。
PR

別居中。
ななちゃんが病気のため別居中です。別居と言ってもすぐ隣なんですが。
基本的に、はなちゃんに移る心配はあまりなさそうなんですけど、なぜ別居なのかと言いますと、「病気の時に横暴なはなちゃん(♂)と一緒のケージではかわいそうだよ!」…というわけです。



でも、ご覧の通り、はなちゃん(♂)は、ななちゃん(♀)のケージのそばに、ななちゃん(♀)は、はなちゃん(♂)のケージのそばにいます。でも、これって夫婦愛と言うより、腐れ縁?

遠くの
市外にある遠くの鳥もわりと診れる獣医さんのところに何度か行きました。
少し症状がよくなったかと思ったら、またぶり返したりの繰り返しです。

「もう手は尽くしました。あとはこの子自身が持っている生命力次第です」と言われました。
私の枕元で眠るななちゃんの普段と違う息を聞きながら涙が止まりません。
ごめんね。ごめんね。
ななちゃん(♀)、気道炎でした;
月曜日の昼過ぎくらいから急に息苦しい感じで呼吸をはじめたので「もしかして気道炎!??」と、急いでかかりつけの獣医さんに行こうと思ったらなんと休診!休診でも夜中でも急患は診てくれるところなので電話を入れたら、運悪く、先生本人が不在。

どうしようどうしようとパニックになりつつ「あ!」と、もうひとつ、かかりつけの次に市内で繁盛している獣医さんのところに駆け込みましたらやはり気道炎でしょうとのことで、抗生剤をもらってきました。

ななちゃん(♀)は基本は、大人しくて優しい子ですが、シリンジで薬を飲ませるのはさすがに大変…。でもなんとか飲んでくれて、今は様子見です。

ななちゃん(♀)でよかった…。
これがはなちゃん(♂)だったら私、血だらけ間違いなしです。

気道炎は移るのでななちゃん(♀)をはなちゃん(♂)と隔離して別の部屋へ。そしたらはなちゃん(♂)が大パニック。ひたすらななちゃん(♀)の気をひく歌を歌い、ウグイスの鳴き真似をし、なんだかよくわからない鳥の鳴き真似をし、物音を真似、笑い声を真似、また歌を歌い、ウグイスの鳴き真似をし…を、一日中繰り返して餌も喉を通らない始末。ななちゃん(♀)も食欲落ちてるけど、これじゃ、ななちゃん(♀)より先にはなちゃん(♂)が衰弱死をしてしまいそうで…。日頃は横暴でもやっぱりななちゃん(♀)がいないとダメなんだなぁ…。どうしても餌を食べないようだったら明日にでも獣医さんところに行って強制的にそのうに流動食を入れてもらいます。
1 2  → NEXT


SEARCH THIS SITE
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
日下
性別:
女性
自己紹介:
メルアド
hinanahana●ヤフー.co.jp
(●→@に、ヤフー→yahooに変更)
ブログ内検索
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]